« 2012年6月27日(水) 損害賠償訴訟の第12回公判が行われました | トップページ | 2012年11月7日(水) 損害倍層訴訟の第14回公判が開催されました »

2012年8月24日 (金)

2012年8月22日(水) 損害賠償訴訟の第13回公判(口頭弁論)が開催されました

損害賠償訴訟の第13回公判(口頭弁論)が、下記の日時・場所で開かれました。

日 時:2012年8月22日(水) 11:30-11:35

場 所:東京地方裁判所(千代田区霞が関) 510号法廷

被 告:ピースボートこと吉岡達也(クルーズ企画・運営)

     ジャパングレイス社(旅行業者)

     ISP社(62回・63回使用客船クリッパー・パシフィック号運航会社。米国フロリダ州)

原 告:62回および63回クルーズ乗客20数名

今回もお互いに主張・証拠・反論などの文書を提出し5分程度で終了しました

現在の状況ですが、ようやく原告および被告ピースボートおよびジャパングレイス社からの提出資料がほぼ出そろったという段階です。残りの被告ISP社については、「トラブルの責任は運航会社であるISP社にはなく、船の所有者である別の会社(被告外の海外企業)にある」との主張を続けており、原告側からはその反論(船上での説明や実態と異なっている等)を行うとともに、証拠資料の開示を要求している所です。

次回の公判は、約2か月半後の11月7日(水)10:00-(於東京地裁626法廷)となりました。(原告側被告側双方の弁護士の全員(5名)の都合が合わず、ほぼ毎回公判間隔が開いてしまいます。原告団としては正直少し残念ですが、やむをえません。)

公判の最後に、裁判長からは被告側弁護士に対し、「次回公判までに時間があるので、被告側の証人尋問予定者(吉岡PB共同代表、および62・63回クルーズの主催者側責任者)の陳述書を提出するように」との指示があり、被告側弁護士も了承しました。これまで、原告側からは全員の個人陳述書を提出していますが、被告側からの陳述書は提出されていませんので、どういう内容の陳述書(個人的な意見・見解等)が提出されるのか、興味深い所です。

なお今回も、大規模な停電・漂流トラブルをおかした75回クルーズの乗客の方々が何名か傍聴に来られていました。

« 2012年6月27日(水) 損害賠償訴訟の第12回公判が行われました | トップページ | 2012年11月7日(水) 損害倍層訴訟の第14回公判が開催されました »

コメント

本当に長い裁判、お疲れ様です。
ご存じだとは思いますが、先日、以下のサイトを偶然見つけました。
http://peaceboat.nows.jp/

62回以降のクルーズでも色々乗客とトラブルがあっている様で残念ですね。

最近、寒くなっております。お風邪など召されないように、ご自愛下さいませ。

応援のご投稿ありがとうございます。

ご紹介いただいたブログの管理人の方(75回クルーズの乗客)は、前回・前々回の公判に傍聴に来られていました。
75回の乗客の方々の裁判はこれからとのことですが、今後、我々と情報交換など密な連携を図っていきたいと考えています。

引き続きよろしくお願いします。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1125513/46807312

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年8月22日(水) 損害賠償訴訟の第13回公判(口頭弁論)が開催されました:

« 2012年6月27日(水) 損害賠償訴訟の第12回公判が行われました | トップページ | 2012年11月7日(水) 損害倍層訴訟の第14回公判が開催されました »